ガーリーな付録につられて

「In Red」という女性誌の8月号の付録は、
ジル・スチュアートのリンゴ型コインケース。
リンゴなのに赤じゃなくピンク、それもエナメル素材ってところに
ぐいぐいひかれて、つい買ってしまった。

Imgp1455 Imgp1454

「30代女子的“京都の旅”」ってとじこみや、
「おとりよせ冷んやり和菓子」って記事も見たかったから……
ってのは、完全に言い訳です。

でもね、今年使ってる手帳と同じ色合いだから、なんかよくない?
(……ってこれも言い訳です)。

Imgp1459

| | コメント (2)

読書中

読書というか、パラパラ拾い読みなんだけど、
昨夜、お茶のお稽古仲間のKさんから
『NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 クレマチス』
という本を借りました。

なぜかというと…
お茶の師匠のお宅にクレマチスやテッセンの鉢植えがいくつかあって、
いずれも開花が終わりました。
で、「剪定をうまくすれば秋口まで花が咲くらしいね」という話になり、
Kさんから
「私、クレマチスの本持ってますから、monacoさん持ってきますね」
というお申し出。
「ありがとう」って返事をして、昨日、借りたものの、
なぜ私が?と思わなくもないのです。
「Kさん、あなたがお手入れしてくださってもよいのだよ」
と、さっき気がついたしだい。

ま、うちににもクレマチスやテッセンがあるから、
それの手入れもちゃんとしたいし、
先生宅の鉢もお手入れしておきましょう。

070620 070703nhk

左:我が家のクレマチス。すでに2週間ほど前に花は咲き終わりました

右:クレマチスの育て方や手入れについての指南書

| | コメント (6)

『気になる部分』のキニナルブブン

翻訳家、岸本佐和子さんのエッセイ集『気になる部分』。
カバーのイラストで女の子がハサミを入れようとしている部分と、
その折り返しのイラストの髪を切ってしまった部分。
見比べると、切ったトコロが違います。

どうして違ってるの?
意図的?
この子、間違っちゃったの?

と気になってしかたない。

Photo_13 Photo_14

| | コメント (2)

スパークリング中

ひさびさに雑誌「Hanako」を買いました。
何年ぶりだろう……。
創刊当時、「街」とか「アジアンスイーツ」など、
斬新な切り口での特集が面白くて、
しばらくは毎号欠かさずに買ってたものです。

Hanako 今回、そそられたのは、スパークリングワイン、
それも「甲州」種やオーストラリアワインの特集!

2年半ほど前、ネットのお茶仲間が主催した
勝沼でのワインオフに行って以来、
甲州という葡萄を使ったワインが気になってるから。

実を言うと、そのワインオフに行くまでは
山梨のワインっていまいちな感じを持ってました。
それが、メルシャンはじめいくつかのワイナリーでいただいた
ワインがどれも味に深みがあり個性も感じられて、
「近くにこんなおいしいワインがあるのに、
飲まないってどうよ」
と、開眼したわけです。

去年の秋にも、友だちとのドライブがてら勝沼に立ち寄り、
ワインを仕入れてきましたが、
そのときに訪れたワイナリーも掲載されています。

オーストラリアは小さい頃からのあこがれの地。
シドニーよりもメルボルンが好きなんだけど、
そのメルボルンからほど近いバレーという
ワイン産地も紹介されているのです。

オーストラリア産の赤の発泡ワインがこのところ気に入っていて、
それを出してくれる渋谷の「AROSSA」も紹介されてました。
先日ここで、友だちの誕生会をしましたが、
ワインも料理も大満足でした。
他にもオージーワインを出すお店が紹介されており、
“行ってみたい!”と思うお店もいくつか…。

今回の「Hanako」は満足の1冊です。

| | コメント (2)