« 下見 | トップページ | おや、もう…… »

野暮

お茶の教室では、月末からお茶事の予定。
今回、私はお勝手で料理を作る係なので、
献立や料理を盛る器のことはつらつら考えたりするが
道具の取り合わせなどは担当外。

でも、ついつい考えちゃうんだよね~、
だってそういうことに思いを巡らせるのは楽しいから。

で、今日も頭の中で勝手に考えながら、
楽しみにしている「ほぼ日」の記事を読んでいたら、
私が道具組みを考えるときに
いつも“ここはどうだろう”と思っていることと類似している話があった。
(どんなお話かは
http://www.1101.com/oomukou/index.html
をご覧ください)

「掛け声の“引き算”が大切」
「あんまり掛けると野暮になるから」
そうなんだよね~。
お茶の道具の取り合わせも、
その時々の趣向を軸にして何を使うか組み合わせていくんだけど、
つい、そのテーマにそったものを
“これでもか”っていうほど並べてしまうことがある。
そうすると、なんとなく息苦しい感じがするような気がする(私は、ね)。
ところどころで、息抜きというか余白のようなものがぽんとあると、
テーマに向かっている他の道具がいっそう生きるように思う。
でも、物足りない感じになってはいけないし、
そのバランスが難しいところなんだよね。

“歌舞伎の大向こうさんたちの掛け声もそうなんだ~”
と納得し、共通するものを見つけたようで
なんとなくうれしい気もしている。

|

« 下見 | トップページ | おや、もう…… »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下見 | トップページ | おや、もう…… »