« 三連休は初釜 その① | トップページ | 陶磁器に漆器、至福のひととき »

三連休は初釜 その②

社中の初釜がおこなわれた翌日は、
友だち2人と一緒に茶友のMさん宅での初釜におじゃました。

Sh3700400001 ←帯は前日と同じで、着物はごく淡いピンク地の付け下げに

Mさんは数年前に自宅を新築、ご自分や奥様の趣味を
存分に楽しめるお宅で、
茶室には向切りや隅炉、大炉まで切ってある。
新年には初釜を、また折々の時季に茶事を催して
私たちも楽しませていただいている。

M邸に伺い、寄り付きにしている部屋で身支度を整えると、
8畳の和室に案内され、田作りなどでまずは一献(つまりお酒)。
いつもは大ぶりな釜が掛けられる大炉だけど、
この日は焼き網が置かれお餅が焼かれ、
白味噌仕立てのお雑煮をいただく。
炭火でじっくり焼いたお餅は、
ガスとか電気の力で焼いたものとは違う感じ。

Mさんの奥様と、Mさんのお茶事ではいつも水屋をがっちり守っている
Yさんの手作りによる花びら餅をいただくと、
いったん庭へ出て、蹲を使ってにじり口から平4畳の茶室へ。
ここで濃茶に続いて薄茶をいただきました。

昨年まではたしかMさんがお点前をなさっていたけど、
今年はMさんのお弟子さんがお点前に挑戦。
その緊張感が、お正月の新しい気持ちとあいまってういういしいこと。
薄茶のお菓子もYさんの手作り。
「前日に作ると固くなるから」と、当日朝、早起きをして
作ってくださったそう。

きっとこうしたお気持ちがうれしくて、
皆M邸での初釜を楽しみにしてるんでしょう。

さて、M邸を辞した私たち3人はしばらくぶりだったので
まっすぐ帰る気はさらさらなく、
いまお茶をいただいてきたばかりだというのに、
「じゃあ、お茶でも飲もうか」ってことに。

Imgp2015 Imgp2016 ←パスタは写真を撮るのも忘れて完食

お店に入って案内されたテーブルは、コの字型に座るようになってました。
「なんだか、正面の席が遠くて、お金持ちのおうちの食卓っぽい」
とか
「道明寺の家みたいじゃない?」
なんて、おバカな話をしながらメニューを見ていたら、
パスタだって食べられそうな気分に。
3人だったのでパスタセット2つとデザートセット1つを注文して、
しばし歓談。
9割が、他の人から見ればくっだらない話なんだけど、
1割くらいは“こんなことしたいね”っていう前向きな話もして、
ティータイムに入ったはずなのにとっぷり日が暮れるまでケラケラ笑いとおし。
あぁ、楽しい1日だった。

|

« 三連休は初釜 その① | トップページ | 陶磁器に漆器、至福のひととき »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三連休は初釜 その① | トップページ | 陶磁器に漆器、至福のひととき »