« とある大寄せの茶会で | トップページ | 研修会で刺激を受ける »

悩ましい着物の選択

昨日はお茶のお稽古。
お許しをいただいた人だけがお稽古でき、そうでない人は本来
見学もできないお点前なので、
うちの先生は普段のお点前とはお稽古日を分けています。

9月になると、着物も長襦袢も、それまでの絽から単衣に変わります。
が……、こう暑くては単衣にするのは厳しいものが。
たしかに、絽と単衣とで暑さの感じ方がそうそう変わるものではないのですが、
でも、なんとなくまだ暑い感じがするので、
お稽古には長襦袢も着物も絽を着て行きました。

私は例年、9月に入ってもしばらくは長襦袢は絽を着ます。
だって、旧暦ならまだまだ8月、暑い盛りなわけですし。
半襟だけ、それまでの絽のものをはずして楊柳をかけると、
パッと見、絽を着ているとはわかりませんから。

問題は、着物。
秋草が描かれた絽の小紋は生地の透け感が薄いので、
9月の初めはこれを着て知らん顔を決め込むことにしてます。

でも、街で見かける着物姿の方のほとんどは単衣を着ていらして、
例年と同じく今年も、“やっぱり単衣かしら?”と思い悩んでしまうのです。

|

« とある大寄せの茶会で | トップページ | 研修会で刺激を受ける »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とある大寄せの茶会で | トップページ | 研修会で刺激を受ける »