« 欲張って291にも | トップページ | 朝顔日記8/13 »

お茶一服

F1のイベントと291に行った土曜日、夕方はお茶をいただきにでかけました。
今春、自分の茶席を作った茶道の先輩が、
「お茶一服、いかがですか?」と近所に住む数人を招いてくださったのです。

この先輩、昔から
「もしもいつか自分がお茶室を造ることになったら、
夏は簾戸を入れたい」
というのがあこがれだったそうです。
その憧れの簾戸が、外の暑さを忘れさせてくれます。
(簾戸は参考写真)

Photo

寄りつきで冷たい麦茶をいただき、茶室に入ると、
おしのぎに小豆島のそうめんを茹でて待っていてくださいました。
つるんとしたのど越しのごま豆腐、
切り子の小さなグラスには、ひとくち分の冷たい杏酒が入っています。

Imgp1622

楽しいおしゃべりもひと段落し、点心が下げられると、
先輩手作りのお菓子が運ばれ、薄茶の点前の始まりです。
木地を波千鳥に抜いた風炉先、土風炉によく似合う丸みのある釜、
裏千家14世淡々斎御好み写しの溜精棚に甲赤の薄器が映えてます。

実はこの先輩は灰型がとてもお上手。
それは、何年も灰型の教室に通い、自宅でも飽きるほど自習をしたから。
以前はお稽古のおりにたびたび、
灰型を作るところやできあがったものを見せていただいていましたが、
このところそういうことがなかったので、久々に拝見します。
この日は向山という形に作ってありましたが、さすが。

Imgp1635
たいらであるべきところはたいらに、
切り口はなんの迷いもなく1本の線を引いたよう。
曲線はゆるやかに。
今後の自分の勉強のために、
できれば、釜をはずして写真を撮らせていただきたいくらいでした。

おいしいお茶を頂戴し、
先輩の日頃からの長年の精進を思うと同時に、
自分でもふだんから灰型を作らなくちゃねと反省し、
名残を惜しみながらも帰途に着いたのでした。

|

« 欲張って291にも | トップページ | 朝顔日記8/13 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

おぉ、ちらと写っている灰形、すばらしい♪
うーん、やっぱり、日頃の積み重ねですか。。。
昨日今日始めたばかりの私も頑張るしかないですね。

投稿: ぶり | 2008年8月12日 (火) 19時51分

ぶりさん、6月のお稽古茶事ではこの先輩が正客でした。
で、私のでこぼこした稜線の丸灰でお迎えしたわけです。
いやはや……、勇気ある行動でしたよ。

投稿: monaco | 2008年8月13日 (水) 17時17分

技量もセンスもある先輩がいらっしゃっるのって、素適。
最初に、この点心の写真を目にした時、さりげなく光ってるぅ!と唸ったのでした。

投稿: ぶり | 2008年8月14日 (木) 10時44分

ぶりさん、ありがとうございます。
こういう先輩に囲まれて、日々、刺激を受けております。

投稿: monaco | 2008年8月15日 (金) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欲張って291にも | トップページ | 朝顔日記8/13 »