« 他力本願 | トップページ | 時間を忘れる茶事 »

やっぱりお茶会は楽しくて

今日はとある茶道具屋さんが開いた納涼茶会へ。

売るほどあるお道具のなかから取り合わせを考えるのだから
いろいろなことができるのは当たり前と言われればそうだけど、
それでも、来た人に楽しんでもらおうと
毎回アイデアをひねり、心を尽したもてなしをしてくださいます。

これまでは薄茶と軽食でしたが、
今回はまず濃茶が練られ続いて薄茶を、
席を移して軽食(おしのぎ)をいただきました。

ちょうど北京オリンピックが開催中ですから、
今回はそれを思わせる道具組みで。
ご店主の軽妙なお話しぶりもあって
お道具の取り合わせの楽しさに気をとられがちだけど、
実は一つひとつが大変貴重な品です。
私の好きな塗師・松亭の薄茶器もよかったけど、
今回は棚が印象に残りました。

そうそう。灰型も拝見しましたが、
そのときに見えた前瓦が菊花の型でしたよ。
なんとおしゃれな。
(菊ものコレクターとしては物欲を刺激されました)

また、いただいたお茶は「井出の玉水」というところの詰め。
このお茶屋さん(詰め)は、名前を聞くのもお茶をいただくのも初めてです。
しっかりした味わいなのにいただきやすいお茶でした。
今度、自分で何かするときには取り寄せてみたいものです。

|

« 他力本願 | トップページ | 時間を忘れる茶事 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

あら、monaco様が菊ものコレクターとは存じませんでした。

井出の玉水、初めて耳にする名前です。メモメモmemo

投稿: あんでれ | 2008年8月20日 (水) 20時17分

おほっ!ワタクシ、前日に伺っておりました。
お取合わせが洒落が効いていて絶妙でした。
数茶碗が…皆主役クラスで豪勢なこと~
お濃茶が甘くて~美味しかった♪

投稿: tanta | 2008年8月21日 (木) 03時29分

あんでれさん、コレクションの点数はごく僅かですが、
目に入ると無視できないんですよね。
井出の玉水、私も初耳だったんです。
今度何かの時に使ってみようと思っています。
(でも、普通に買えるのか?)

tantaさん、前日でしたか。
お棚も珍しいものでしたよね。
お茶碗も茶入も、じっくり見せていただき、
眼福でした。

投稿: monaco | 2008年8月25日 (月) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他力本願 | トップページ | 時間を忘れる茶事 »