« 朝顔日記:ついに開花 | トップページ | 欲張って291にも »

F1トークイベント

F1の解説陣のなかで、その現地取材の徹底ぶりにいつも感服させられるのが
今宮純さん。
9日(土)は、その今宮さんのトークイベント
「今宮純 クロストークミーティング」が行われました。

「2008年シーズン前・中盤戦報告」
「ブリジストンタイヤ浜島裕英氏 タイヤ開発からみた今シーズン」
「今宮純×浜島裕英 クロストークセッション」
の3つの内容で構成されたイベント。
あやふやな記憶でその発言を書くのは控えますが、
とても有意義な時間でした。
ホンダやトヨタといった日本のチームや日本人ドライバーが
今後トップ争いに食い込んでいきために必要だと思われるものなど、
納得し、深く共感するお話でした。

また、残念ながら活動を停止せざるを得なかった
スーパーアグリF1(SAF1)チームについても、
他のチームに与えた影響、他のチームからの評価などの
お話を伺え、納得したり、残念な思いがいっそうつのったり。

今宮さんは現在、CS放送でしか解説をしていないため、
地城波観戦組の私は、いつも物足りない感じがしています。
その物足りなさを埋めるような、今宮さんなりの今シーズンの分析。
“やっぱり今宮さんの解説は違うよな。スカパー、入ろうかなぁ”と
思ってしまいました。

浜島さんも、全チームにタイヤを供給しているメーカーの人としては
言いにくいこともあったでしょうが、
それはそれとしてF1の内側、最前線にいる人ならではのお話には
興味津津。
企業秘密ともいえるタイヤのデータまで公開してくださっての説明も、
こうしたイベントならでは。

Imgp1609 Imgp1611_2

次のヨーロッパGPからは、いっそうおもしろく観戦できそうです。

|

« 朝顔日記:ついに開花 | トップページ | 欲張って291にも »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝顔日記:ついに開花 | トップページ | 欲張って291にも »