« 梅雨の晴れ間のマイ茶花園 | トップページ | 噂のアレが我が家にも »

F1カナダグランプリ開幕

前戦、モナコグランプリは旅行中だったし、
(宿泊先のホテルでテレビのスポーツチャンネルを探しまくったけど
F1の「F」の字すら発見できず)
スーパーアグリF1チームの撤退で、
明らかに私の中のF1への熱意は下がっていたし……。
仕事や他の趣味で時間をとられたりもしていた。
なんとなくF1が遠い存在になりかけていた。

で、今週末はカナダグランプリ。
モントリオールになるジル・ヴィルヌーブ・サーキット。
人工的に作られた島だけど、公園の中を走っている感覚もあって、
実際に現地で観戦すると楽しいだろうと思うサーキットの一つ。

時差の関係でフリー走行にはまだまだ時間があるけど、
何か新しい情報がないかネットをぶらぶらしていたら、
ついついF1ジャーナリストの今宮純さんのHP(http://www.f1world.jp/)に
入ってしまい、ここでスーパーアグリF1チームの撤退前後の記事を読んでしまった。
おまけに、SAF1チームのブログのバナーがまだあって、
そこをクリックしてしまい
(http://www.motormagazinesha.co.jp/medialog/modules/nmblog/index.php)、
今宮雅子さんが佐藤琢磨君にインタビューしている記事を開いてしまった。

撤退発表のときも、鈴木亜久里代表は終始一貫した紳士的な態度だと思い、
だからこそ余計にしんどかっただろうなと思っていたのだけど、
今宮夫妻のそれぞれの記事は、それまであえて抑えて接してきた自分の
「F1が好き」というただ一点から生まれるさまざまな感情のドアを
すべて開け放つようなものだった。

いまのF1は、車が好きってだけでどうなる世界でもないのはわかってるんだけど、
大企業の世界戦略やお金儲けや駆け引きなどもあっていいから、
そうじゃない、単に車が好き、レースしたい、1秒でも早く走りたいっていうだけで
参加できるレースであってほしかったなぁ。

私ごときが残念がっても、まったくもってしょうがないし、
いまさらどうにもならないことなんだけど、
SAF1はいいチームだったよなぁ。
たしかに、車はさほど速くは走れなかったけど、
「次のグランプリではどうなっているだろう」「来年はどうなっているだろう」と
期待感や楽しみを抱かせてくれるチームだった。
中継でチラっと映るシーンにも、チームの一人一人がレースが好きだってことが
見えるようなチームだった。

いまさらなんだけど、本当に残念。

で、カナダ・グランプリ。
昨年のGPでは6位に入賞した佐藤琢磨君は今回グリッドにはいないけど、
中島一貴君がいる!
がんばれ~! 面白いレースを見せてね~。

|

« 梅雨の晴れ間のマイ茶花園 | トップページ | 噂のアレが我が家にも »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の晴れ間のマイ茶花園 | トップページ | 噂のアレが我が家にも »