« 無念なニュース | トップページ | 門出の茶会 »

風炉を出して夏じたく

私がお稽古している茶道の流儀では、5月に入ると茶室のしつらいがガラッと変わります。
それまで、畳の一部を四角く切り、床下にしつらえた囲炉裏のような「炉」に
炭をおこし釜をかけていたのが、
5月になると炉をふさぎ、畳の上に置かれた風炉という大きな鉢のようなものの中に
炭を入れ釜をかけるのです。

昨日はお稽古場の炉をふさぎ、風炉を出す、いわば模様替えのようなことをしました。

炉の中には炭を使ったあとの灰がたくさん入っており、これをすべて取り出し、
ふるいにかけて、燃えカスなどを取り除いておきます。
また、炉の時期の畳は一部が四角く切り抜かれているため、
風炉の時期には切り抜かれていない畳に敷き替えもします。

これから半年間使う風炉や釜、釜を据える五徳を出し、
風炉専用の灰を入れ、五徳と釜を合わせることもしておきます。

風炉の時期と炉の時期とでは、使う道具のほとんどもガラッと変わりますから、
いくつもの道具を出したりしまったり。

なんやかんや、そこそこ体力のいる仕事で、
昨日は先生をはじめ8人で手分けして行いました。

「お茶」っていうと、着物きてお茶会行ってっていうイメージでしょうが、
実は肉体労働な部分がかなり多いのです。

でも、それらをとおして学ぶことが多いのが、茶道の一面でもあります。
漆器や陶磁器の扱いかた、季節に応じた暮らしのしかた、
半年後に改めて使うときのことをあらかじめ考えた収納、
安全でムダがない動き……。
脈々と続くなかで、蓄積されてきたノウハウ。
日本の気候風土を生かし、それに沿った灰や道具の保存や手入れも、
ただお点前のお稽古をしているだけでは知ることのできないものです。

|

« 無念なニュース | トップページ | 門出の茶会 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無念なニュース | トップページ | 門出の茶会 »