« 取り合わせを楽しむ茶会 | トップページ | ひと足先に »

ついに開幕!

昨年10月のブラジル戦から4カ月。
ついに2008年のF1グランプリがオーストラリア・メルボルンで開幕しました。

開幕ぎりぎりまで心配したのが、
スーパーアグリF1チーム(SAF1)が無事スタートにつけるのかどうか。
スポンサー不足=資金不足から、冬の間のテストも満足に行えないばかりか、
年が明けてから他チームが続々と新車を発表するなか、
ドライバーとの正式契約のニュースすら流れてきませんでした。
テレビや雑誌、街なかの広告を見るたびに
「お金持ちの人や広告宣伝費を使える立場の人は、
お願いだからスポンサーになってよ」
と心の中で叫ぶ日々。
直前の「大手のスポンサーがついた」とのニュースに胸をなでおろしつつも、
チーム運営に大きくかかわることではっきりしない点があったので、
昨年とは違った気持ちで迎えた開幕戦初日。

ちゃんといました、グリッドに。
あぁよかった。

例年、開幕直後はどのチームも手探り状態なところがあり、
車の完成度もまだまだ十分ではないため、レースは荒れがち。
今年もまさにそのパターン。
減速がうまくいかず飛び出してスピンアウトしてしまう車、
突然、減速してついに走れなくなってしまう車が続出。
一方で、車の仕上がり具合の差がまだまだ小さい時期なので、
意外なチームが優勝候補チームと競り合ったり、
レースとしては目が話せないドキドキの展開でした。

SAF1の2台は完走ならなかったものの、
名門、ウイリアムズのレギュラードライバーとしてデビューを果たした
中島一貴くんが6位入賞という、うれしい結果を残しました。

さぁ、これから7か月間は週末が忙しくなります。

|

« 取り合わせを楽しむ茶会 | トップページ | ひと足先に »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 取り合わせを楽しむ茶会 | トップページ | ひと足先に »