« 春雨のなかの茶会 | トップページ | まじめに勉強したらお腹がへるので »

茶会は、実際に始まるまで変更の連続

今朝、目が覚めて外を見ると、道路が濡れてはいるものの
雨はいったん上がったもよう。
“あぁ、もう1日早く上がってくれていれば…”と思いました。

昨日の茶会は、間断なく降り続く雨のため、
当日になって準備をしながら急きょ大幅に変更したことがありました。

会場の偕香苑は公園の中にあり、四畳半が2室、8畳が2室あります。
四畳半その①を濃茶席、その②を薄茶席にし、
8畳その①を私たちの控え室、その②を寄り付きにという計画でした。

濃茶席にする予定だった部屋は、お客様は屋内を通らず、
外にあるにじり口からお入りいただく構造です。
そこで、お客様には8畳その②の部屋に集合し、
その後、いったん庭へ出てにじり口から
濃茶席と薄茶席にお入りいただくつもりでした。

当初から雨降りも想定しており、
「せっかくのにじり口、軒も広いので少しくらいの雨なら外からお入りいただこう」
と話していました。
ところが、前日から降り続いた雨で水たまりもできており、
午後からは風も出るという予報。
ギリギリまでようすを見て、これでは外に出ていただくのは申し訳ないと、
急きょ部屋を変更しました。

他にも、事前の下見で確認したのと状態が変わっていたこともあるなど、
当日、変更を決定したことがいくつかありました。

でもね、全員、冷静なんです。
気持ちが合うというんでしょうか。
自分たちの都合を云々するのでなく、中途半端に妥協することもなく、
ともかく、「お客様にとっていちばんいい方法はどれ?」
という軸から誰一人ブレません。

このコミュでは「どの流儀であるか」とか
「お茶歴が長いか短いか」といったことを問わず、
メンバーがフラットな立場にあります。
それもあって、たとえば何かお使いに出かけなければならないとなった場合も、
「年長者の○○さんを使いだてして」とか、
「後輩が先輩を顎でつかって」といったものの見方をしません。
「それぞれがいまどんなことをしていて、では、誰が動くのがベストか」
というシンプルな基準で考えるので、スムーズなんでしょう
(あ、でももしかするとそう思っているのは私だけで、
他の人はそうは思っていないかもしれないけど)。

茶会というイベントをやってみて、
そのことの大切さを改めて感じた1日でもありました。

|

« 春雨のなかの茶会 | トップページ | まじめに勉強したらお腹がへるので »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

とても居心地のよさそうなメンバーでのお茶回運営、しかも流派を越えてというのがとても楽しそうです。天候で急遽変更があってもmonacoさんの様子をお聞きすると全員の息があっているご様子・・・うらやましいお仲間ですねえ。そういう仲間ならまた次、ということが楽しくなりますね。

でも、雨の中をお疲れ様でした!

投稿: kero | 2008年3月21日 (金) 17時29分

素敵な仲間ですね。
そりゃ茶会も楽しいというものだわhappy01

投稿: あんでれ | 2008年3月21日 (金) 19時48分

振れないのは、全幅の信頼をおけるツートップがいらっしゃったからだと思います。
私も「この方たちが仰るなら大丈夫」と思って大船に乗った気持ちでした。
しかし今でもあの大変更はミラクルです。
相変わらず、お勉強させて頂くだけでちっとも役に立てず・・・。でも、いつかは全体を見渡せるように、平常心で全て進められるようにがんばります。

投稿: しゅうきち | 2008年3月24日 (月) 13時33分

keroさん、えぇ、こういう仲間にめぐり会えたこと、
とてもありがたく思っています。
何か予定外のことが起きたときも誰も動揺しないし、
どうやって切り抜けるかを楽しんでいるフシすらあります。

あんでれさん、えぇ、やってる人たちがいちばん楽しんだと思います。
(あれ? それって私だけ? そんなはずはない……と思いたい)

しゅうきちさん、あなた方もなかなかのもんです。
私がお茶をはじめて2年とか3年のころなんて、
皆さんのようにちゃきちゃきっとは動けませんでしたもん。
また次もよろしこ。

投稿: monaco | 2008年3月24日 (月) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春雨のなかの茶会 | トップページ | まじめに勉強したらお腹がへるので »