« 第28回暮らしの中の古民具と骨董市 | トップページ | ひと足早く »

2008 F1日本グランプリ

昨年大不評をかったF1日本グランプリ。
今年は10月に開催される予定(昨年は9月末でした)で、
その記者発表が20日におこなわれました。
前日までは、その発表を聞けば今年の日本グランプリに向けて
例年のように気持ちが盛りあがってくることを期待していましたが……。

昨年は、高い金額の指定席から肝心のコースが見えないといった
“はぁ?”と思うようなトラブルや、
道路の陥没を発端とするチケット&ライドシステムに大混乱が生じ、
観戦者からはたいへんなクレームが寄せられる事態となりました。

私も17年のF1ナマ観戦歴にして初めての富士スピードウェイだったので、
期待大でした。
もちろん、雨の中の大混雑にも巻き込まれましたが、
道路陥没のニュースを早いうちに知っていて、
その影響のないバス乗り場へさっさと移動したので
何時間も待つことなくサーキットから脱出することができました。

ですから、被害は少なかったほうですが、
それでも昨年の現場での混乱と対処の不手際の数々はかなり頭にきました。
それを思い出すと、今回発表された改善策ではなんとも不安です。
富士スピードウェイのHPにも昨年の問題点とその対策が報告されていますが、
対策会議のメンバーには、
昨年のあの現場を実際に目撃した人は入っていないのではないかという気がします。

F1ファンのサイトでも、昨年の実態情報やその対応案まで収集し、
富士スピードウェイやトヨタに情報提供したところもありましたが、
なんだかそれは生かされていない印象です。

もちろん、発表されていない細々した対策や改善点は多々あるでしょうが、
それでも、「よし、今年は楽しめるぞ」「楽しもう」という気持ちが
湧いてこないのです。
困ったことです。

|

« 第28回暮らしの中の古民具と骨董市 | トップページ | ひと足早く »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第28回暮らしの中の古民具と骨董市 | トップページ | ひと足早く »