« 看々臘月尽 | トップページ | 初めまして、大間産の本鮪さん&北海道の鮭児さん »

ほっ

クリスマスも間近だというのに、
なんとなく盛りあがれないでいたのには理由があります。

秋の入り口ごろから左胸に何となく違和感があって、
単なる疲れなのか、はたまたホルモンバランスの乱れなのか、
気のせいってこともあるかな?と思っていました。

で、2カ月ほどようすを見て、“やっぱりこれは気のせいではないらしい”
と思い、知人の看護師さんに相談したり検査の予約をしたり。

で、1週間前に検査を受けました。

マンモグラフィーって痛いのね。
画像はすぐにでき上がり、左胸にぽちっと小さな丸が写っていました。
“なんじゃそりゃ?”と思っていると、
カルシウムやら何やらが石灰化した(?)ものだとか。
(このへんのこと、医学的な詳しいことはわかりません。
素人的には“問題なし”ってことだけ聞いたら、あとは右から左へ状態でした)

続いて、超音波エコー。
なんだかもわっとしたものがあるらしいです。
「たぶん良性の病変」とのお医者さんのお見立て。

でも、念のため細胞をとって検査しましょうってことになりました。
「注射をするときのチクッとした痛みがありますが、
怖くありませんからね~」って。
注射器をさしこんで中の細胞を抜きとるんだけど、
チクッだけじゃなくてちょっと痛かった。
たぶんね、顔をしかめてたんだと思います。
お医者さん曰く、「痛いですか? 痛いなら大丈夫ですよ。良性のしるしです」。

ふぅ~ん。

検査した当日は注射の痛みが、翌日から数日間はあるはずの細胞がなくなって
落ち着くまでの痛みがちょっとありました。

結果が出るまでは1週間かかります。

検査した当日は「まぁ、先生も良性だろうって言ってらしたし、
念のため詳しく検査しておけば、気分がすっきりするじゃない」
と思っていたんだけど、
翌日から「でも、最初から悪性ですねなんて言わないわよね」と
ちょっと不安な日々。

「良性でも手術が必要なことってあるのかな?」
「手術することになったら、いつごろ?」
といった無用な考えが、ちらちらと頭をかすめます。

「病は気から」というけれど、そんなことをちらちらとでも考えていると
体がすっごく疲れました。
このところはルーティンの仕事だけこなしているけれど、
夕方にはぐったりする感じ。
遊びも飲みもしたくなくて、まっすぐ帰って体を休める毎日。
あ、でも時々遊んではいたけどね。

そんなこんなで、ちょっとだけドキドキを抱えて、
今日、細胞の検査結果を聞きに行きました。

「病変はありましたが良性なので、問題ありません。
このままにしておいて大丈夫です。
でも、ときどき健康診断を受けて、チェックしてくださいね」
とのお言葉。

はぁぁぁ。よかった。

結果がはっきりしたから、さぁ、気がねなく遊ぶぞ!
(その前に、いろいろ片付けなきゃだけど)

|

« 看々臘月尽 | トップページ | 初めまして、大間産の本鮪さん&北海道の鮭児さん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご安心ですね、ホントによかった。
私もその1とその2の間に胸の片側にぽちっとしこりが出来てエコー其の他で見ても何だかわからず、結局「細胞を取って調べましょう」と言うことで手術台まで上がったのにそのときになったら消えていた、と言う経験があります。私の場合結局乳腺炎が硬くしこりになっていただけのことで、ホルモンバランスのせいだったのかもしれません。「何かある!」と気が付いた時から心配性の母には内緒で、夫だけに話しその日は赤ん坊を友人に預けて病院に一人で行きました。
何年かたって何気なく母に話したらやっぱり非常に驚かれ、倒れんばかりに心配されてしまった。

文の後についてる「スポンサーサイト」ってなんだかね・・・

投稿: ねりまマダム | 2007年12月12日 (水) 20時22分

よかった~
どきどきしました。
やはりこれで心置きなく遊べますね。(←ちょっと違う)

投稿: あんでれ | 2007年12月12日 (水) 22時10分

よかったです!!これで安心して忘年会やら新年会やらに行けますね!!
私も超音波だとかならず白い「ぽち」が写るのですが、もし変化があれば同じような行程をたどるのでしょうね・・・いろいろ参考になりました。

投稿: kero | 2007年12月13日 (木) 17時10分

ねりまマダムさんもそういう経験をお持ちだったんですか。
私も、母に言うと飛んできそうだからもちろん内緒。
ま、これからも時々チェックしようと思います。

あんでれさん、はい、ひと安心です。
大丈夫だと思ってはいても、
やっぱり引っかかりがあると何も楽しめません。

keroさんもポチ持ちですか。
きっと定期的な健康診断を受けているでしょうから
心配はありませんが、
いちばん頼りになるのは自分の体が発している
サインではないかと思います。

皆さん、お互いに自分の体をいたわりましょうね。

投稿: monaco | 2007年12月13日 (木) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 看々臘月尽 | トップページ | 初めまして、大間産の本鮪さん&北海道の鮭児さん »