« 「本当です」 | トップページ | 味の正解がわからない料理:ガレット »

栗蒸し羊羹で大騒ぎ

文化祭も近づいてきたので、準備もしなくちゃいけないし、
お点前だってもうちょっとちゃんとできるようになってほしいな……、
と思いながら、今週もK中学の茶道部のお稽古に行きました。

当事者である中学生たちはいたって呑気なものですが。

さて、お点前だとか伝統だとか、和の文化なんてことよりも
大半の生徒の楽しみはお菓子のようです。
本当は、うちの師匠がしてくれるように
時季のお菓子を作ってあげれるといいんだけど、そうもいかないので、
せめて、買うにしても季節感のあるものをと心がけています。
もちろん、予算上の制約もあるので、その範囲内でとなると
それなりに探したり工夫したりします。

いまの時季はやっぱり栗でしょう!と、今週は
新宿・京王百貨店に入っている武蔵村山・紀の国屋の
栗蒸し羊羹にしました。

Imgp0647

そしたらね、ふだんは大きな声を出すことの少ない子がいきなり
「え~、私、栗、嫌い!」。
他にも何人か同じようなことを言ってます。
おいしいのにさ。
アレルギーならしかたないけど、好き嫌いは別。

これがうちの甥であれば話は即決、
「じゃあ食べなさんな」ってことになるんだけど、
そうもいかない。

食べてごらんというと、他の子は食べてるけど、
最初に声をあげた子だけは羊羹に手を出せないようす。
しょうがないから、「栗だけはずして食べれば」っていうと、
栗を小さく刻んではずそうとするから、時間がかかるうえに懐紙の上が汚い。
もぉ~、しょうがないなぁ。

「よそで食べられないものが出たからって、
今日みたいに大声出しちゃダメよ。
黙ってそっと包んで帰るんだよ」
って言ったけど、あれじゃきっとどこでも大騒ぎね。

それにしても、甘えてああ言ってるだけなのか、
それともふだんからそうなのか……。

好き嫌いをなくしてほしいのはもちろんだけど、
外で嫌いなものが出たときに、親御さんはどう対処してるんでしょう。
その品物を親が引き取ってあげてるのかしら。

そもそも、子どもが食事をする姿を見ているのでしょうか。
食べられないものが出たっていうのは、
本人にとって困った事態が起きたってことでしょ。
そうした困った事態にどう対処すればいいか
教えてあげることって大切だと思うんだけど。

なぜ、そんなことを思ったかっていうと……。

ずいぶん前ですが、友人や知人と
ちょっとおしゃれなことで話題のレストランに食事に行きました。
その中に好き嫌いの激しい人がいて、
メニューに表示されていないソースの材料として、
彼女の嫌いなものが使われていました。
そうしたら、彼女、店中に響きそうな大きな声でどなったんです。
「なに、これっ!!」って。

何か異物でも入っていたのかと、お店の人が飛んできました。

だけど、お皿に異常はありません。

お店の人に事情を説明したものの、
もうね、私たちの楽しい気分はぺしゃんこ。
みっともないし、お店の人にも、他のお客さんにも申し訳なくて、
早く帰りたくてしかたありませんでした。

そのときに思ったんです。
好き嫌いや体質的に食べられないものがあるのは仕方ないとしても、
それが出てきたときの対処のしかたはスマートであったほうがいいと。
食べ物の好き嫌いだけでなく、問題が起きたときにどう対処するかは、
他の人とうまく人間関係を築いたり世の中を渡ったりしていくためには
とても重要なことではないかと。

そうだ、うちの甥たちは大丈夫かしら?
ヤツらは雑食性動物だけど、それでも外に出たとき、
どうしてるだろうか?と、ちょっと心配でもあります。

|

« 「本当です」 | トップページ | 味の正解がわからない料理:ガレット »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

紀の国屋、あったあった。久しく食べてないけど。

自分で作っているときでも、
命のめぐみをいただいているわけで、
ましてや人の作ってくださったもので
他の方と一緒なのにそのように騒ぐのは…

それにしても、なぜ栗が嫌いなんでしょう?
ひょっとして、食べ慣れないからだったりして。
(手間のかかる食べ物は、自宅で出てこない可能性大だそうな。
「手間がかかるから」果物全般売り上げ落ちてるって言うし)

投稿: あんでれ | 2007年10月31日 (水) 17時24分

中学生には「なんで栗が嫌いなの?」って聞きました。
そしたら、「おいしくないから」だって。
そりゃ、おいしくない栗を食べてしまったんじゃないか?
新鮮なものを食べてれば、栗なんてそんなにマズイはずないんだけどね。

あんでれさんがおっしゃるように、食べることにも感謝の気持ちがないと
いかんですよね。

投稿: monaco | 2007年10月31日 (水) 22時53分

アレルギーも好き嫌いもないのでそういう事態が起こることは想像もしてませんでしたが、お店の不手際があったときに対応にも結びつきますね。

教えてあげられる相手には、そういうことも伝えてあげたいなあと思います。

味覚は成長とともに変わるということもあるし、食べられないものがあるともったいないよ~食べてみたら?なんて私が諭そうとしても、きっと中坊にははなから相手にされないだろうなあ・・・なんて思っちゃいました。だって、自分が中学生のときなら「おばさんがなんか言ってるよ」って態度だったはずと思うので・・・(笑)

投稿: kero | 2007年11月 2日 (金) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「本当です」 | トップページ | 味の正解がわからない料理:ガレット »