« 行列のできるキャラメル屋 | トップページ | アウトレットへ »

うるしにうっとり

あちこちの美術館やギャラリーで
気になる展示やイベントが続々と予定されています。
で、まずは静嘉堂文庫へ。

070503

「〈和〉のうるし―蒔絵・螺鈿・漆絵・根来ー」展が開催中です。
どうせなら見るだけでなく解説も聞きたいねってことで、
2時からの解説に間にあうように行きました。

私の好きな原羊遊斎、中山胡民をはじめ、
さまざまな漆芸家や塗師の作品がふんだんに展示されています。
驚くほど大胆なデザインや、緻密なデザイン、
当たり前なんだけど、ガラスで隔てられているのが
とても残念。手を伸ばしたくなります。

今回の展示は、蒔絵・螺鈿・漆絵・根来など
漆芸の手法のちがいに注目したものだったんですけど、
展示に添えられた説明や、40分ほどかけて行われた列品解説で
もう少しその技法のちがいについて触れていただけるとうれしかったな。
もっとも、
「詳しいことが知りたい人は図録を買ってね」ってことかもしれません。
でも、楽しい展示でした。

|

« 行列のできるキャラメル屋 | トップページ | アウトレットへ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行列のできるキャラメル屋 | トップページ | アウトレットへ »