« 新年度、スタート | トップページ | タツナミソウ »

干菓子を見に、赤坂の塩野
http://www.siono.jp/200704.htm)へ。

次のお茶会で使うお菓子(干菓子)を
いちおうは決めてはいるものの、
「もう少しどうにかならないの?」との声もあり、
自分でも、これまで見せていただいた試作品に、
ただの一つも納得できるものがなかったことが
気にかかっていたため、
後学のためにも、“ここなら!”と思っているお店のものを
見てみたかったのです。

で、お店に入ってすぐに
「あぁ、やっぱりもっと早くにここを見ておけばよかった」
と思いました。

Photo_8

お茶席でお出しするお菓子は
あまり具象的すぎないほうがよい、
お客様が想像力を働かせるほんの一瞬の間があるくらいが
いいのではないかと思っています。
それが、亭主とお客様との茶室での有言・無言の
コミュニケーションではないかと思うから。

ちょうどいまは桜も終わりに近づき、
端午の節句を控えた時候なので、
菖蒲や青楓、鯉のぼりを思わせる干菓子が揃っていました。
同じ「鯉のぼり」をあらわすのにも、
いろいろあるものだな、と改めて思います。

今回は、いちおう決めているものが
もう少しどうにかできるかどうかわかりませんが、
この時季にはこういうものがあるんだ、という
いい勉強になりました。

|

« 新年度、スタート | トップページ | タツナミソウ »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

どれもこれもうっとりですね。
そしてお干菓子、かわいぃ!!

投稿: 群集 | 2007年4月25日 (水) 15時28分

でしょ~。
ここのお菓子は品があって、見たとたん
「わぁっ♪」って思うものが多いんです。
主菓子もいいですよ。
今の時季、道具のことなどさておき、
お菓子だけで考えるなら、
私は「うのはな」を使いたいな。

投稿: | 2007年4月25日 (水) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年度、スタート | トップページ | タツナミソウ »